日本の賃貸事情をくわしく解説

敷金、礼金ゼロは本当にいいことなのか

敷金礼金不要が成立する背景

かつての賃貸物件では、大家さんや管理人に対して一定の敷金および礼金を支払うことが常識とされてきました。
つまり、敷金と礼金は引っ越しの際に必ず納めるべきものであり、大家への挨拶がわりという側面ももっていました。
しかしながら、最近になって敷金も礼金もいらないいわゆる「ゼロゼロ物件」が増えており、UR賃貸などではさらに保証人なしでも入居できる物件が主流になりつつあります。
こうしたゼロゼロ物件は引っ越しのコストを大幅に下げられるわけですから、ユーザーから見るとメリットしかないように見えますが、果たして、ゼロゼロ物件とは本当に安全なのでしょうか。
むやみに疑うのは良くないとわかっていても、敷金と礼金が一切不要だと言われるとつい不安になり、裏にあるからくりを知りたくなってしまいます。
ゼロゼロ物件ではなぜ敷金、礼金を免除できるのでしょうか。
このサイトではここ数年で急速に増えつつあるゼロゼロ物件の仕組みについてくわしく掘り下げ、敷金と礼金が無料になる理由についてわかりやすく解説します。
日本国内の住宅事情の移り変わりについても触れ、その中でのゼロゼロ物件の必要性についてもまとめていますので、これから転居を視野に入れている方はぜひとも参考になさってください。
敷金と礼金、大家と管理人の違いについても説明していますので、雑学的な要素としてもお読みいただけます。
また、ゼロゼロ物件がここまで注目されている社会的背景についても探っていますので、今後の展望予測にも役立ちます。

おすすめリンク

賃貸物件探しなら恵比寿で

恵比寿で賃貸物件をお求めの方向けに賃貸情報をまとめておりますので恵比寿での賃貸探しにご活用ください

ゼロゼロ物件とは果たして何なのか

無料のものには必ず理由があります。 ゼロゼロ物件が主流になりつつある背景には、日本人の住環境の変化と、不動産業界のビジネス構造の移り変わりが深く関わっています。 ふたつの要素を多面的に分析することで、ゼロゼロ物件が成り立つ仕組みがよくわかります。

なぜ敷金礼金が生まれたのか

敷金、礼金。 大家と管理人。 一見同じようですが、意味するところは微妙に異なります。 何気なく素通りしがちな素朴な疑問から、ゼロゼロ物件の必要性や今後の課題について分析していきます。 わずかな違いにも敏感になることで、不動産業者を見分ける力がつき、契約内容の矛盾点について論理的に考えられるようになります。

ゼロゼロ物件の背景にある社会的問題

ゼロゼロ物件にかぎらず、新しいシステムは必ず、その時代ごとのニーズや社会的背景を背負っています。 ゼロゼロ物件もまた、貧困ビジネスや単身世帯の増加など、これまでの日本では考えられなかった大がかりな構造の変化の中で生み出されたという経緯があります。 ゼロゼロ物件を取り巻く社会的背景についてまとめました。