>

駆け込み寺としてのゼロゼロ物件

ゼロゼロ物件のユーザーのうち少なくない割合を占めているのが単身生活者です。
それも一般的な意味での単身世帯ではなく、両親の死去や絶縁、子どもとの死別により本当に身寄りがひとりもいなくなった人たちが手軽に入居できる賃貸物件として選択するというケースが目立っています。
ゼロゼロ物件は敷金礼金だけではなく保証人が不要であるケースがあるため、身寄りがおらず、誰にも頼れない人でも入るチャンスがあるのです。
このような背景から、一部のゼロゼロ物件は低所得者にとっての駆け込み寺として機能しており、社会的なセーフティネットとしての役割を担っています。
無論、このような使われ方は本来のゼロゼロ物件の趣旨とはそれますが、法的に違反しているわけではなく、むしろ社会的必然性にもとづいた自然な変化であるといえます。

ゼロゼロ物件は今後も浸透するか

もともとは不動産業者のビジネス戦略のもとで生み出されたゼロゼロ物件は、時代の必然性に合わせて多様なニーズを汲み取り、今まさに新しいターニングポイントに立たされていると言えます。
ゼロゼロ物件は本来敷金と礼金が不要であることが最大のセールスポイントであり、引っ越しの際にまとまった資金を用意できない若者をおもなターゲットにしてきたという経緯があります。
もちろん、そうしたニーズが今後もメインになっていくことは容易に推察できますが、その一方で、保証人が不要であることから身寄りがなく天涯孤独の人でも少ないコストで入居できるというメリットがあります。
以上のことから、ゼロゼロ物件は若年層の仮住まいであると同時に社会的セーフティネットとしての役割を担っていくことが考えられます。


ゼロゼロ物件の背景にある社会的問題

この記事をシェアする